メインイメージ画像

オーディション用の写真は撮り方が重要でプロの撮影が理想的です

芸能界に憧れる人はたくさんいて、俳優や女優などの光る才能がほしい業界においては、ピンポイントで卓越した人材に出会うため毎年のようにオーディションを行っています。今第一線で活躍しているアイドルグループや女優、テレビタレントやモデルなど多くがそうしたオーディションを勝ち抜いて輝かしい芸能界で活躍していますが、これからタレントを目指す方も同様にオーディションっていう高いハードルを乗り越える必要があります。

しかし、このオーディションの前段階として書類審査という振り落としが存在します。

オーディションでは持ち時間やアピールなどさまざまなチャンスが与えられますが、物理的に全応募者を見ることは出来ないので写真や経歴などを書類で審査し、一定のラインで二段階選抜がされます。一口に二段階選抜するとしても一流の事務所などならばこの時点で多くが落選してしまうため、少なくともオーディションまで勝ち上がるためには、この書類審査をどう勝ち進むかが重要なファクターになります。

この書類審査では特技や今に至るまでの経歴など光る項目があれば当然有利になるのですが、まずは写真が最もわかりやすく審査に影響を与えます。

だから写真の撮り方ということが重要になるのですが、書類審査の際の写真の目的をまず明確にしておかなければなりません。通常履歴書などに添付する写真は本人のイメージを教えるという意味合いもありますが、本人確認という意味合いも強く持っています。

しかし、オーディションの書類審査のケースでは一番重要なのが本人の魅力を十二分に伝えるということなので、履歴書と同じく証明写真で済ませるのは非常にもったいないことです。

こういったオーディションの写真は個人でもスマートフォンやデジカメでも撮ることが出来るのですが、最も理想的な撮り方というのは写真屋に行ってプロに撮ってもらうことです。現在では画素数や機能は個人の持つデジタルカメラやスマートフォンでも十分ですが、写真を撮る技術や照明などあらゆる点でプロが勝っています。そのためより良い写真を撮影するためには多少金額がかかってもプロに依頼することが望ましい選択です。

更新情報